凌空神勢門

WACIMA Japan

基本功

内形を動かす練習です。

初学の頃は、内形を意識しながら外形を動かすことにより、内形を刺激するところから始めます。

定歩(その場)で行いますが、様々な動作、様々な意識の掛け方があります。

パワーストレッチ(撑筋抜骨とうきんばっこつ

手足を丹田につなぐための鍛錬です。これは内功であり、いわゆる柔軟体操や筋トレではありません。

ねじりながら押し伸ばすところに秘密があります。

単式訓練

画像はありません

技を一つずつ取り出して繰返し練習します。

なお、一般的には直線上を往復して練習します(※心意六合拳の場合は十大形)。

套路

画像はありません

戦闘方法を学ぶ道具として、あるいは内功練習として、使用します。

各門派説明を参照してください。[攔手拳陳式太極拳心意六合拳龍形八卦掌]

対練

二人組で技を掛ける練習を行います(※動画は攔手拳の迎風穿袖)。

兵器

画像はありません

徒手も兵器(武器)も身体操作の原理は同じです。兵器練習により原理への理解を深めていきます。

攔手門では、単刀双刀等の兵器を学びます。

(2014/5/11更新)